最新記事 

立ちにくい 脚の異常なむくみ

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方
<理論編>

<実践編>

下記はAmazonで販売中

赤ちゃん整体・発達障害〜
脊柱側湾症まで 
中心軸をつくる骨格細分化調整側湾症まで

骨格細分化とは
「マス目の歪み」とは
身体の歪みを治す

整体師 プロフィール

トップページへ
初めての方はこちらへ
料金/営業時間
所在地/地図
検査から調整の流れ
お問い合わせはこちらへ

側湾症整体の雰囲気
よくある質問と回答

会社概要  
リンク  
相互リンクはこちらへ

脊柱側湾症実例写真

実例写真1
実例写真2
実例写真3
実例写真4
実例写真5
実例写真6
実例写真7
実例写真8
実例写真9
実例写真10
実例写真11
実例写真14
実例写真15
実例写真16
実例写真17
実例写真18

臨床研究

側湾症と重心変化

関連サイト

赤ちゃん整体・子供整体
構造的に正しい姿勢|中心軸整体
発達と歪み研究所
ちゅうしん健康日記
ちゅうしん基本食日記

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方


骨格細分化調整師養成セミナー  

骨格細分化調整師として
・研究員を目指される方
・独立開業を目指される方
の為に研究員・骨格細分化調整師養成セミナーを開催しています

側湾症整体院 実例

真っ直ぐ立てない
背中が丸い
肩が痛い、腰痛
首痛・花粉症
腰痛
骨盤の歪み・不妊症
膝痛
手首が痛い
うつ状態で出社出来が
左でん部が痛い
耳鳴り
肩こり・冷え性むくみ
頭痛・生理不順だるさ
先天性股関節脱臼
腰痛・股関節痛・膝痛
斜視・口内炎
頭痛・胸痛・腰痛
脊柱側湾症(側湾症)
脊椎後湾症 猫背
産後の骨盤の歪み
首痛・頭痛・嚥下が
手首捻挫・肩が
脇腹の痛み
首、腰、体ねじれてる

全身不調、内股
肩甲骨の奥が痛い
踵が痛い
肩こり
変形性膝関節症・O脚
O脚・膝痛
尿もれ
腰痛・股関節痛
捻挫 股関節痛
腰痛 腰が抜ける
左肘痛 寝違え肩痛
腰痛 指の痛み
膝痛
股関節痛 臀部痛
肩の奥が痛い
膝痛
膝痛 2
原因不明 股関節痛
右でん部痛・腕しびれ
めまい、吐き気
坐骨神経痛
手首の痛み
すねが痛い
肩甲骨内側の痛み
肩と膝の不調
首のズレと手のシビレ
頭の形
股関節痛 変形性膝関節症
股関節痛 変形性膝関節症2
坐骨神経痛 脊柱管狭窄症
4才 側湾症
膝痛と股関節の歪み
20年以上の腰痛
左腿裏が張って痛い
外反母趾、脊柱側湾症、ストレートネック
20年以上の腰痛2
股関節痛 歪みと動きの修正
膝痛 脊柱側湾症
首痛 脊柱側湾症
顎の痛み 身体が曲がっている気がする
顎の痛み 身体が曲がっている気がする2
体の歪み 膝痛 腰痛
右足が短い くびれの位置が違う
右目でみる、首・肩こり
股関節の違和感 左足が短い
歩行の問題、股関節痛、9歳 K君 「身体の歪みが動きを妨げている」
側湾症でも「姿勢がいいね」と言われる
年々姿勢が悪くなる(全身の筋肉が硬く前重心)
腰の歪み・首の痛み
老化による姿勢の崩れと腰痛、膝痛
慢性緊張・睡眠・老化とマス目の歪み
左足首の違和感、痛み
ランドセルと側湾症
その場ジャンプと首の痛み
事故、ムチウチと運動の衝撃
脚腰の捻じれと正しい屈伸の出来る身体
膝痛、脚の不調は全身の捻じれから
事故の後遺症 顎の強打と全身不調
左踵痛、腰痛、立ちにくい、歩きにくい
腹筋の効く身体〜歪みと筋肉の働き〜 O脚、右肩下がり、慢性腰痛
お尻が痛い 転倒でお尻を強打
お尻が痛い 転倒でお尻を強打2
股関節、膝・足首の痛み〜子供の頃の衝撃による不調
坐骨の痛みと脚のしびれ
立ちにくい 脚の異常なむくみ


立ちにくい 脚の異常なむくみ 20代 Aさん


長時間、立ちっぱなしで手元の細かな作業をするせいか、肩こり、脚のむくみがひどい。


骨格細分化調整の経過とともに、頭の置き方、下の向き方などを指導し、肩こりは激減。

しかし、季節柄なのか、脚のむくみがひどく困っている。


この日も調整後、全身バランスは良い状態に変化したが、横からみた時の重心位置と、その場歩きでの脚の動きの硬さが目立った。


仰臥位で、いわゆる「ゴキブリ体操」をしてもらう。

立ってみると「さっきと全然違う!ふわっとした!」

次に「屈伸」。しゃがみ自体がキツキツ状態のため、これだけでも十分運動効果がありそうな様子。

再度、その場歩きをしてみる。

「脚が軽い!関節が動いてるのわかります(笑)全然使ってないです、これは普段ない(笑)」


あまりに単純すぎる運動ばかりですが、脚関節の運動不足、関節運動全体が低下している方の場合、

どれも効果のあるものです。


骨格細分化調整を受けていると、外見上の歪みの減少とともに、不要な筋緊張は解除されていきます。しかし、マス目の歪み以外の要因、冷えや長時間の緊張、内臓疲労、間違った姿勢、合わない運動などで、身体を固める状態が続くと、筋肉は縮み固まり、血行不良が起こります。この時、脚三関節(股関節、膝、足首)に歩行や日常動作による運動刺激が起きない「棒状脚状態」の方の場合、歩行や運動でおきる筋肉の伸縮刺激、「振動によるゆらぎ」がおきないため、全身的にどんどん固まっていきます。これは運動不足だから起きるというものではなく、運動習慣のある方、逆に運動のし過ぎで筋肉が固まっている方でも同様に起こります。ゆらぎのある身体の状態だと、身体は固まりにくいので、日常動作、日々の歩行、活動だけでも十分な運動になりやすく、負担も少なくいられます。


赤ちゃんから高齢者、運動量の違う様々な方の調整をしてきたきた経験上、ストレッチや筋トレは余程、上手に行われないと、こうした緊張の緩和や、肉体のケアは難しいものと感じています。


構造的に正しい動きを日常動作で行えるようにしていくこと(関節がより良い状態で使われ続ける)、「揺動運動のできる肉体」(ゆらぎのある筋骨格状態)を目的としたトレーニングは、実生活に直結した内容なので、立ち・歩き・日常動作の快適性が向上しながら、健康維持、管理をしていけます。

骨格細分化調整と構造的に正しい身体の使い方を学んでいくことは、人生100年時代の土台となる筋骨格の維持に最適な方法です。