最新記事 

膝痛、脚の不調は全身の捻じれから

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方
<理論編>

<実践編>

下記はAmazonで販売中

赤ちゃん整体・発達障害〜
脊柱側湾症まで 
中心軸をつくる骨格細分化調整側湾症まで

骨格細分化とは
「マス目の歪み」とは
身体の歪みを治す

整体師 プロフィール

トップページへ
初めての方はこちらへ
料金/営業時間
所在地/地図
検査から調整の流れ
お問い合わせはこちらへ

側湾症整体の雰囲気
よくある質問と回答

会社概要  
リンク  
相互リンクはこちらへ

脊柱側湾症実例写真

実例写真1
実例写真2
実例写真3
実例写真4
実例写真5
実例写真6
実例写真7
実例写真8
実例写真9
実例写真10
実例写真11
実例写真14
実例写真15
実例写真16
実例写真17
実例写真18

臨床研究

側湾症と重心変化

関連サイト

赤ちゃん整体・子供整体
構造的に正しい姿勢|中心軸整体
発達と歪み研究所
ちゅうしん健康日記
ちゅうしん基本食日記

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方


骨格細分化調整師養成セミナー  

骨格細分化調整師として
・研究員を目指される方
・独立開業を目指される方
の為に研究員・骨格細分化調整師養成セミナーを開催しています

側湾症整体院 実例

真っ直ぐ立てない
背中が丸い
肩が痛い、腰痛
首痛・花粉症
腰痛
骨盤の歪み・不妊症
膝痛
手首が痛い
うつ状態で出社出来が
左でん部が痛い
耳鳴り
肩こり・冷え性むくみ
頭痛・生理不順だるさ
先天性股関節脱臼
腰痛・股関節痛・膝痛
斜視・口内炎
頭痛・胸痛・腰痛
脊柱側湾症(側湾症)
脊椎後湾症 猫背
産後の骨盤の歪み
首痛・頭痛・嚥下が
手首捻挫・肩が
脇腹の痛み
首、腰、体ねじれてる

全身不調、内股
肩甲骨の奥が痛い
踵が痛い
肩こり
変形性膝関節症・O脚
O脚・膝痛
尿もれ
腰痛・股関節痛
捻挫 股関節痛
腰痛 腰が抜ける
左肘痛 寝違え肩痛
腰痛 指の痛み
膝痛
股関節痛 臀部痛
肩の奥が痛い
膝痛
膝痛 2
原因不明 股関節痛
右でん部痛・腕しびれ
めまい、吐き気
坐骨神経痛
手首の痛み
すねが痛い
肩甲骨内側の痛み
肩と膝の不調
首のズレと手のシビレ
頭の形
股関節痛 変形性膝関節症
股関節痛 変形性膝関節症2
坐骨神経痛 脊柱管狭窄症
4才 側湾症
膝痛と股関節の歪み
20年以上の腰痛
左腿裏が張って痛い
外反母趾、脊柱側湾症、ストレートネック
20年以上の腰痛2
股関節痛 歪みと動きの修正
膝痛 脊柱側湾症
首痛 脊柱側湾症
顎の痛み 身体が曲がっている気がする
顎の痛み 身体が曲がっている気がする2
体の歪み 膝痛 腰痛
右足が短い くびれの位置が違う
右目でみる、首・肩こり
股関節の違和感 左足が短い
歩行の問題、股関節痛、9歳 K君 「身体の歪みが動きを妨げている」
側湾症でも「姿勢がいいね」と言われる
年々姿勢が悪くなる(全身の筋肉が硬く前重心)
腰の歪み・首の痛み
老化による姿勢の崩れと腰痛、膝痛
慢性緊張・睡眠・老化とマス目の歪み
左足首の違和感、痛み
ランドセルと側湾症
その場ジャンプと首の痛み
事故、ムチウチと運動の衝撃
脚腰の捻じれと正しい屈伸の出来る身体
痛、脚の不調は全身の捻じれから


慢性緊張・睡眠・老化とマス目の歪み

70代 女性 Uさん の続編
「最近、寝すぎで、10時間位寝てるのよ。それ位寝ないと眠くて。歳のせいかしら? いつも6、7時間だったのに」


一般的に加齢と共に睡眠時間は短くなると言われています。
また、寒い時期は、体温維持に多くのエネルギーが必要になるため、夏場よりも長めの睡眠時間が必要です。

例年ならもっと固く乾いた筋肉状態になるUさんの肉質が、柔らかさと余裕のある状態だったので、検査をしながら不思議に思っていました。睡眠時間のお話を聞いて、理解出来ました。

一般的に老化のプロセスとして、加齢と共に年々解除出来ない筋緊張が増えていくのが普通です。揉んでも、お風呂で温めても、布団に横になっても緩まない筋肉拘束(慢性的なコリ)の増加で、寝づらくなっていき、寝ても疲れがとれない、筋緊張が解放されないことによる興奮モード状態により、睡眠の質の低下、時間の短縮に関係していると思われます。

ご本人は寝過ぎを気にされていましたが、調整開始当初のUさんも立っている時と横になった時とで、筋肉状態があまり変わらなかったのですが、調整の進行と共に、横になるとリラックスした筋状態となるようになっていきました。

下の絵は、左から右へ、老化とマス目の歪みの変化
を表したイメージイラストです。



0歳〜幼児〜小・中学〜成人〜中高年〜高齢

マス目の歪みは増加しながら、
骨格的老化を早める大きな要因です。

大なり小なり、歪みは誰にでもあるものです。

Uさんの背中の丸まり、背の縮みは「現状維持」に留まっていますが、実際は現状維持に留まっているというのは大変なことです。イラストのように、右に向かうほど、筋肉拘束の増加(黒い部分)と、骨格の崩れが進行していくのが普通です。

長年定期的に骨格細分化調整を継続されている方のほとんどが、加齢による姿勢の崩れが進んでいないことに、私達も大変興味深く思っています。(ただし、内科疾患、薬、アルコール、砂糖などの過剰摂取が明らかな方は例外です)

骨格細分化調整におけるマス目の歪みというのは、赤ちゃんや子供においてはあるべき骨格状態への成長を促し、成長期を過ぎた以降は、あるべき骨格状態への修正、回帰を促しているかのようにも見えます。

いずれにせよ、骨という硬く重い物質で重力下に生存するヒトにとって、マス目の歪みと重力との関係性が良好なほど、無駄な緊張の少ない生活が出来る可能性が高まるのだと思います。