最新記事 

膝痛、脚の不調は全身の捻じれから

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方
<理論編>

<実践編>

下記はAmazonで販売中

赤ちゃん整体・発達障害〜
脊柱側湾症まで 
中心軸をつくる骨格細分化調整側湾症まで

骨格細分化とは
「マス目の歪み」とは
身体の歪みを治す

整体師 プロフィール

トップページへ
初めての方はこちらへ
料金/営業時間
所在地/地図
検査から調整の流れ
お問い合わせはこちらへ

側湾症整体の雰囲気
よくある質問と回答

会社概要  
リンク  
相互リンクはこちらへ

脊柱側湾症実例写真

実例写真1
実例写真2
実例写真3
実例写真4
実例写真5
実例写真6
実例写真7
実例写真8
実例写真9
実例写真10
実例写真11
実例写真14
実例写真15
実例写真16
実例写真17
実例写真18

臨床研究

側湾症と重心変化

関連サイト

赤ちゃん整体・子供整体
構造的に正しい姿勢|中心軸整体
発達と歪み研究所
ちゅうしん健康日記
ちゅうしん基本食日記

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方


骨格細分化調整師養成セミナー  

骨格細分化調整師として
・研究員を目指される方
・独立開業を目指される方
の為に研究員・骨格細分化調整師養成セミナーを開催しています

側湾症整体院 実例

真っ直ぐ立てない
背中が丸い
肩が痛い、腰痛
首痛・花粉症
腰痛
骨盤の歪み・不妊症
膝痛
手首が痛い
うつ状態で出社出来が
左でん部が痛い
耳鳴り
肩こり・冷え性むくみ
頭痛・生理不順だるさ
先天性股関節脱臼
腰痛・股関節痛・膝痛
斜視・口内炎
頭痛・胸痛・腰痛
脊柱側湾症(側湾症)
脊椎後湾症 猫背
産後の骨盤の歪み
首痛・頭痛・嚥下が
手首捻挫・肩が
脇腹の痛み
首、腰、体ねじれてる

全身不調、内股
肩甲骨の奥が痛い
踵が痛い
肩こり
変形性膝関節症・O脚
O脚・膝痛
尿もれ
腰痛・股関節痛
捻挫 股関節痛
腰痛 腰が抜ける
左肘痛 寝違え肩痛
腰痛 指の痛み
膝痛
股関節痛 臀部痛
肩の奥が痛い
膝痛
膝痛 2
原因不明 股関節痛
右でん部痛・腕しびれ
めまい、吐き気
坐骨神経痛
手首の痛み
すねが痛い
肩甲骨内側の痛み
肩と膝の不調
首のズレと手のシビレ
頭の形
股関節痛 変形性膝関節症
股関節痛 変形性膝関節症2
坐骨神経痛 脊柱管狭窄症
4才 側湾症
膝痛と股関節の歪み
20年以上の腰痛
左腿裏が張って痛い
外反母趾、脊柱側湾症、ストレートネック
20年以上の腰痛2
股関節痛 歪みと動きの修正
膝痛 脊柱側湾症
首痛 脊柱側湾症
顎の痛み 身体が曲がっている気がする
顎の痛み 身体が曲がっている気がする2
体の歪み 膝痛 腰痛
右足が短い くびれの位置が違う
右目でみる、首・肩こり
股関節の違和感 左足が短い
歩行の問題、股関節痛、9歳 K君 「身体の歪みが動きを妨げている」
側湾症でも「姿勢がいいね」と言われる
年々姿勢が悪くなる(全身の筋肉が硬く前重心)
腰の歪み・首の痛み
老化による姿勢の崩れと腰痛、膝痛
慢性緊張・睡眠・老化とマス目の歪み
左足首の違和感、痛み
ランドセルと側湾症
その場ジャンプと首の痛み
事故、ムチウチと運動の衝撃
脚腰の捻じれと正しい屈伸の出来る身体
痛、脚の不調は全身の捻じれから


事故、ムチウチと運動の衝撃

整体に来る途中、自転車に乗っていて、信号無視の車に、左から接触されたTさん。
幸い怪我もなく、転倒もしなかったので、特にダメージを受けた様子もないとのこと。
しかし、調整前の立位検査では、明らかにいつものTさんと違う状態。

調整箇所
肋骨、胸椎
・上半身が左から右方向に強く押されているような歪みの出方
・いつものTさんあまりに違う歪みの出方

自転車に乗ってる時に、後方を左横から軽く衝突された程度だったらしいが、これらのことから、数時間前の直接打撃による軽いムチウチ状態になっていたと思われる。

格闘技などのように、衝撃がくるのを前提として身体が構えている状態と違い、不意打ちや通常モードで受けた衝撃というのは、すぐに自覚症状がないことや、明らかな外傷がないことなどから、レントゲンなどの検査でも判明しないことがほとんど。そのため、対処のしようがないまま、ムチ打ち状態でこらえた身体深部の緊張は緩むことなく、数年にわたり緊張し続けることから、後々に原因不明の不快症状となってしまう。

こうしたことは事故に限ったことではなく、実際はあらゆる運動で起きている。

ランニングなどは、着地のたびに地面から受ける衝撃が大きい。走りの衝撃に対し、身体がしっかりと構えた準備状態が出来ている場合、衝撃は骨を丈夫にし、全身のの強度を上げるものとなる。しかし、慣れた動きで気が抜けていたり、やる気がしないのにダラダラ行うと、衝撃に対しての身体の準備が出来ていないため、着地の衝撃は、身体の負担となり、運動後の不快な疲労感として日常動作の乱れにもつながる。


側湾症 事故


生理的湾曲の崩れた骨格への縦軸刺激のイメージ

 

特に背骨の生理的湾曲は歩行による縦軸刺激に対するショックアブソーバーとして重要な役割を担う。全ての運動に必要不可欠な土台となる。

生理的湾曲を無視した運動刺激の継続はのちの様々な不調原因、骨格的老化を加速させる最大要因。

側湾症 事故2


生理的湾曲の安定した身体の場合、
着地の衝撃は股関節から頭頂への響きとなり全身活性化