最新記事 

下記2冊を出版します。

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方
<理論編>

<実践編>

下記はすでに出版済みです。

赤ちゃん整体・発達障害〜
脊柱側湾症まで 
中心軸をつくる骨格細分化調整側湾症まで

骨格細分化とは
脊柱側湾症に対する調整
側湾症・当方の考え方

整体師 プロフィール

トップページへ
初めての方はこちらへ
料金/営業時間
所在地/地図
検査から調整の流れ
お問い合わせはこちらへ

側湾症整体の雰囲気
よくある質問と回答

脊柱側湾症実例写真

実例写真1
実例写真2
実例写真3
実例写真4
実例写真5
実例写真6
実例写真7
実例写真8
実例写真9
実例写真10
実例写真11
実例写真14
実例写真15
実例写真16
実例写真17
実例写真18

関連サイト

中心軸赤ちゃん整体
中心軸骨盤矯正
発達と歪み研究所
ちゅうしん健康日記
ちゅうしん基本食日記

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方


実例一覧
調整方法

歪みの原因 
中心軸は必要?中心軸をつくる    
会社概要  
リンク  
相互リンクはこちらへ



骨格細分化調整師養成セミナー  

骨格細分化調整師として
・研究員を目指される方
・独立開業を目指される方
の為に研究員・骨格細分化調整師養成セミナーを開催しています

側湾症整体院 実例

真っ直ぐ立てない
背中が丸い
肩が痛い、腰痛
首痛・花粉症
腰痛
骨盤の歪み・不妊症
膝痛
手首が痛い
うつ状態で出社出来が
左でん部が痛い
耳鳴り
肩こり・冷え性むくみ
頭痛・生理不順だるさ
先天性股関節脱臼
腰痛・股関節痛・膝痛
斜視・口内炎
頭痛・胸痛・腰痛
脊柱側湾症(側湾症)
脊椎後湾症 猫背
産後の骨盤の歪み
首痛・頭痛・嚥下が
手首捻挫・肩が
脇腹の痛み
首、腰、体ねじれてる

全身不調、内股
肩甲骨の奥が痛い
踵が痛い
肩こり
変形性膝関節症・O脚
O脚・膝痛
尿もれ
腰痛・股関節痛
捻挫 股関節痛
腰痛 腰が抜ける
左肘痛 寝違え肩痛
腰痛 指の痛み
膝痛
股関節痛 臀部痛
肩の奥が痛い
膝痛
膝痛 2
原因不明 股関節痛
右でん部痛・腕しびれ
めまい、吐き気
坐骨神経痛
手首の痛み
すねが痛い
肩甲骨内側の痛み
肩と膝の不調
首のズレと手のシビレ
頭の形
股関節痛 変形性膝関節症
股関節痛 変形性膝関節症2
坐骨神経痛 脊柱管狭窄症
4才 側湾症
膝痛と股関節の歪み
20年以上の腰痛
左腿裏が張って痛い
外反母趾、脊柱側湾症、ストレートネック
20年以上の腰痛2
股関節痛 歪みと動きの修正
膝痛 脊柱側湾症
首痛 脊柱側湾症
顎の痛み 身体が曲がっている気がする
顎の痛み 身体が曲がっている気がする2
体の歪み 膝痛 腰痛
右足が短い くびれの位置が違う
右目でみる、首・肩こり
股関節の違和感 左足が短い


健康の基本

1.整った骨格=ゆるんだ体

歪みがあると筋肉を緊張させる事で全身のバランスを保とうとします。
結果、過剰な筋緊張が生まれコリ固まりやすい体となります。
歪みが少ない程、不必要な緊張が起きないので柔らかく、コリ固まりの起きにくい体となります。

2.哺乳類としての基本を守る
 (西原克成著「免疫力を高める生活」より引用)

1)鼻で呼吸する

口呼吸は空気中の有害物質が直接肺に入ってしまいます。
また、口呼吸の習慣があると鼻・喉の扁桃腺がバイキンの温床になり免疫システムに悪影響を与えます。
鼻には吸い込んだ空気を浄化し、温度と湿度を保つ事で、肺や気管にダメージを与えないようにし、免疫機能を正常に働かせる役割があります。
この役割が口呼吸では全く機能しなくなってしまうのです。
人間の体は構図的に見て、鼻は空気を肺に取り込み、口は食べ物を取り込む器官として、役割分担がなされています。
誤った使い方をする事で様々な症状が起こります。

2)十分な睡眠

私達の体の骨は、日中起きている間、体重を支えて運動を続けており、骨と骨とのつなぎめにある「関節頭」と呼ばれる造血器官にかなりの負担がかかっています。
そこで体を横にして充分に骨休めをして、骨を回復させる必要があります。
それをおろそかにすると、造血機能(血液細胞の増殖)が衰え、白血球の製造能力が落ちて免疫力も衰えてしまいます。
また、充分な睡眠によって筋肉を休ませる事により、立つ事による骨への負担も筋肉が最小限に抑えてくれます。
特に小さいうちから、激しいスポーツや歩かせすぎなど、関節に負担をかけ、骨休めが充分でないと、免疫力の低下や、O脚など、歪みのベースを作りやすくなります。

3)腸を冷やさない

人間の免疫機能の60%程は腸管に集まっています。
体温が35℃になると、免疫機能はほぼ停止すると言われています。
腸壁細胞が機能不全となり、本来なら通過できないはずの大きなタンパク質分子までが体内に入ってしまい、体は抗体を作ってしまいます。
これにより、アトピーやアレルギー、難病と言われる様々な症状を引き起こす原因となります。
腸は生物の発生の源です。
全ての臓器は腸から分化したものです。
源の腸にダメージを与えることは全身に多大な悪影響を及ぼします。
また、腸と脳は密接に関連しあうため腸のダメージは脳へのダメージとなりやすく、うつ病や精神障害なども冷えから起きる事も有りえます

4)太陽の光を浴びる

日の光には殺菌作用があり、骨や皮膚を丈夫にし、自律神経のバランスを整えてくれる効果があります。
紫外線を気にしすぎて、日に当たる時間が不足したり、長時間エアコンに依存してしまったりするとリモデリング(細胞の新陳代謝)機能が低下して体温調節がうまくいかなくなり、免疫力の低下を招きます。

3.生活習慣の歪みを正す

1)仰向けで寝る

長期間の、横寝やうつ伏せ寝は自重による骨格の変形を作ります。 顔・顎・骨盤・大腿骨頭などが非常に多い箇所です。

2)左右均等によく噛む

片噛みを続けると、顎の筋肉の不均等により、顎の骨が歪み、顔全体も歪みます。
歯列の乱れも寝像や片噛みが大きく影響します。
また、噛む事で頭蓋骨全体が造血をしています。
加齢と共にうまく咀嚼できなくなる事で脳の細胞呼吸もうまくいかなくなって痴呆や老化を加速させることにつながります。

3)片側によった立ち方、座り方をしない

片方の足に体重をのせる、足を交差させる、足を組んで座るなどは、体重を乗せている側の足に負担がかかり、足だけでなく、骨盤・背骨も歪みます。
歪んでしまった骨は戻すしかありませんが、普段の姿勢に気をつけることで歪みの加速・連鎖を起こりにくくする事はできます。

4)長時間の不均等な身体動作(仕事・スポーツ等)

野球・ゴルフ・テニスなど、利き腕を酷使し、体の左右どちらか一方に偏った運動や姿勢を繰り返す動作は、体の左右差や歪みを助長してしまいます。
やりすぎや無理は禁物、運動後には充分体を休めて下さい。
筋肉の偏りから生じる歪みなので、充分に筋肉を休ませる必要があります。